忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイヤの「偏磨耗」知らないドライバーは4割以上

 タイヤの「偏磨耗」知らないドライバーは4割以上

 

 ブリヂストンはこのほど、月に1回以上車を運転する男女に対してタイヤの安全に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 同社は、2011年3月1日に創立80周年を迎えたことと、日本自動車タイヤ協会(JATMA)などが推進する「タイヤの日」が4月8日であることにあわせ、毎月8日を「ブリヂストン タイヤセーフティーの日」に設定し、2011年3月から2012年2月までの1年間、毎月タイヤの安全に関する情報を発信している。今回の調査は、8月19日~21日の期間に、全国の18~69歳のドライバー1,000人(男女各500人)を対象にインターネット上で実施したもの。

 それによると、ドライバーの4割以上がタイヤの「偏磨耗」という現象を知らないことが判明。偏磨耗とは、タイヤのトレッド(路面との接地面)が道路条件や使用条件などにより、部分的に異常に摩耗する現象のこと。振動や騒音の原因になるだけでなく、タイヤ寿命の短期化やタイヤ本来の性能(排水性など)を悪化させる可能性があるという。

 ドライバーの4割以上がタイヤの「偏磨耗」という現象を知らないことが分かった

 同社は、偏摩耗を防ぐ方法として、「タイヤの適性空気圧保持」と5,000kmを目安とした「定期的なタイヤの位置交換(ローテーション)」の2つを推奨している。しかし、今回の調査では、ドライバーの約5割が自分の運転する車のタイヤ適正空気圧を知らないと同時に、4割以上がローテーションの目安走行距離がわかっていないことが明らかになった。

 同社は、これから始まる秋の行楽シーズンに向けて、出かける前のタイヤ点検を忘れないようにと呼びかけている。

PR

自動車の安全技術「ESC(横滑り防止装置)」普及へ、体験試乗会を開催

 自動車の安全技術「ESC(横滑り防止装置)」普及へ、体験試乗会を開催

 

 JAF(日本自動車連盟)は23日、「ESC(横滑り防止装置)」の全車標準装備化が国土交通省から発表されたことを受け、正しい装置の理解を促すための体験型講習会を9月と10月に実施すると発表した。

 今回開催される「ESC体験試乗会」は、FIA(国際自動車連盟)基金が世界の自動車クラブと展開している「Choose ESC!(ESCを選ぼう)」キャンペーンの一環として、JAFが2009年より実施。ESC製造メーカーのボッシュおよびアドヴィックスが協力している。

 今年度の日程と会場は、9月3日が静岡県浜松市 交通教育センターレインボー浜中湖、10月23日が香川県坂出市 Hondaセーフティトレーニングセンターとなる。なお、参加するには普通自動車を運転可能な免許を所有し、運転歴1年以上であることが条件とのこと。定員は各会場20名、参加料は1,000円(昼食、保険料等の実費)。

 「ESC体験試乗会」イメージ

 また、運転実技型の交通安全講習会「セーフティトレーニング」においても、ESCの効用を学べる内容を盛り込んだ会を全国で29回開催する。日程、会場等の詳細はJAFWebサイト「地域情報」まで。

 ESCは、複数のセンサーを介して、コントロールの喪失を検知し、車両の横滑りを効果的に低減させ、衝突回避に貢献する自動車安全技術。1秒間に25回、ドライバーのステアリング操作と実際の走行状況を比較し、両者に違いがあり、かつ車両が横滑りし始めた場合に、特定の車輪にブレーキをかけ、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)と強調動作し、オーバーステアやアンダーステアの修正を図る。

 国土交通省は、新型生産車については2012年10月1日(軽自動車は2014年10月1日)以降、継続生産車については2014年10月1日(同2018年10月1日)以降、ESC装備を義務づけると発表している。

HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe