忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早見あかり、生きるのが楽になった

 早見あかり、生きるのが楽になった

 アイドルグループ・ももいろクローバーの元メンバーとしても知られ、ここ最近ではドラマや映画への出演が相次ぐほか、人気トーク番組『A-Studio』(TBS系)のアシスタントなど女優としてもタレントとしても目覚ましい躍進を見せている早見あかり。この3月に20歳になったのを記念して発売された初の写真集『Twenteen』では、これまでとはまったく異なる顔を見せていることも話題を呼んでいる。そんな転機を迎えている早見の今に迫る。
 
 【写真】見た目よりよくしゃべる?インタビュー撮り下ろしカット
 
 ◆SNSはこれからもやらない
 
 ――20歳の誕生日には写真集発売記念イベントがありましたが、プライベートでもお祝いはしたんですか?
 【早見】 友だちが祝ってくれました。翌日に実家にも行くつもりだったんですけど、母と妹がふたりとも胃腸炎にかかって「うつしてしまったら困る」ということだったので。別のタイミングで行って、写真集を玄関に置いてきました(笑)。
 
 ――写真集の文章のところで、お母さんのことがよく出てきていましたが。
 【早見】 母は電話で「私のための本みたい」って喜んでくれました。
 
 ――自分では完成した写真集を見て、どんなことを感じました?
 【早見】 雑誌とかでは大人っぽい表情の写真を使われることが多いから、初めて会った方には「怖い人かと思っていたら、すごくしゃべるんですね」ってよく驚かれるんです。この写真集では、笑顔とかいろいろな表情を載せたいと思って、私もセレクトに携わりましたけど、笑っていない写真ではやっぱり「人間の内面は隠れるんだな」と思いました。
 
 ――自撮りを集めたページもありますが、顔が汚れているのはあえて?
 【早見】 それは役のときのですね。血だらけの写真は『すべてがFになる』(フジテレビ系)の現場だったり。撮ろうと思ったときに撮っているので、仕事とプライベートが混ざっています。
 
 ――今のタレントさんはこういうのをブログやツイッターに上げますが、早見さんはSNSをやっていませんよね。
 【早見】 単にプライベートをさらしたくないんです。「何を食べた」「どこに行った」……と全部教えるのが当たり前みたいな世の中になっていますけど、なぜそれが当たり前になるのか、全然わからなくて。言葉で「こういうことがありました」と話すのはいいけど……。だから、ツイッターとかこれからもやらないと思います。でも、写真集にはこういう写真も出してもいいかなと。…

PR

アノ熟女タレントも…!? 近づくと超いいニオイがする芸能人!

 アノ熟女タレントも…!? 近づくと超いいニオイがする芸能人!

 

  芸能人は見た目が綺麗であったりカッコ良かったりと、あらゆる要素が群を抜いている人間が多い。そのため、匂いという要素でも傑出した人物がいるのではないかと考えた。そこで今回は、業界人に”近くに行ったとき、イイ匂いだった芸能人”を聞いて回った。
 
  業界の中でも芸能人と間近で接することの多いヘアメイクさんやマイクを付ける音声さん、話をする機会の多いADさんなどに話を聞いた。
 
 「最近のタレントさんの中で言えば西山茉希さんです」(制作会社AD)
 
 「西山茉希さんはマイクをつけたときにフワッと、とても心地よい匂いが香ってきたのを今でも覚えています」(音声担当スタッフ)
 
  まず名前が挙がったのが2013年に俳優の早乙女太一と結婚し、同年に女児を出産したファッションモデル・西山茉希だ。具体的にはどのような匂いなのか。
 
 「香水を付けているタレントさんは多いんですが、彼女はそのような匂いとは違っていましたね。勝手な推測ですが、体から甘い香りが出ている感じがしました。惹きこまれますね」(同・制作会社AD)
 
  さらに髪の毛に直接触るヘアメイクアーティストからも同様の声が聞かれた。
 
 「西山さん自身の香りだと思いますが、そばにいて心地よい気持ちにさせる匂いをお持ちなんです」(ヘアメイクアーティスト)
 
  人工的な香りには業界人も慣れてしまっているらしいが、ナチュラルな香りということに魅力を感じたという意見が多かった。早乙女太一もこの香りに惹かれたのであろうか。今後もモデルとして、ママとして、頑張っていただきたいものだ。
 
  そして、もうひとりは、少々懐かしい名前が挙がった。
 
 「榊原郁恵さんです。清涼感という言葉が似合う、とてもいい匂いがしました」(前・制作会社AD)
 
  かつてのアイドルも今や立派な母親だが、今もアイドル時代を彷彿とさせるような香りに包まれているという。
 
 「芸能人であってもある程度の年齢になるとキツめの香水などで自身の体臭を消したがるんです。そのため、人工的な匂いがキツい人も多いんですが、郁恵さんはそういうこともない上に、優しい香りがします」(前・音声担当スタッフ)
 
  加齢臭などのリアルな香りを香水で隠すことは一般人同様に芸能人も多いようだ。しかし、そんなことをしていないからこそ、イイ匂いがする芸能人として記憶に残っているとの声が多く聞かれた。
 
  西山茉希と榊原郁恵、まったく共通項はないが、どちらもその匂いを武器のひとつにしながら今後も活躍を続けてほしいものだ。
 (文=吉沢ひかる)

「嵐のファンの皆様へ」嵐のMVロケ地、異例の“お願い”! 問題視されるファンのモラル

 「嵐のファンの皆様へ」嵐のMVロケ地、異例の“お願い”! 問題視されるファンのモラル

 

  5月13日に発売される嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」のMVが撮影された千葉県内のスタジオ「HOUSE646」が、嵐ファンへ異例の“お願い”を発表した。同スタジオのサイトに掲示された文面によれば、テレビでMVの映像が流れた後、嵐ファンから多くの問い合わせの電話が寄せられたほか、実際に現地に出向くファンも出るなど、混乱を極めているという。
 
  相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の主題歌になっている「青空の下、キミのとなり」。MVでは約6年ぶりにロケを敢行し、大野智はラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ、4月20日放送)でその内容について「最後は夜、バーベキューを5人でしながら」と、うれしそうに話していた。
 
 「MVの映像が公開されると、ロケ地となった『HOUSE646』について『見つけた』とネット上で報告するファンや、中にはロケ地を訪れたのか、自身で撮影したとみられる同スタジオ周辺の写真をアップするファンのツイートも見受けられました」(ジャニーズに詳しい記者)
 
  そんな中、「HOUSE646」は27日に「嵐のファンの皆様へ」というタイトルでブログを更新。「出かけて戻ると庭に人が入っていたり留守中に人が入っていたと近隣の方に言われたりしました。スタジオとして撮影用に貸してはいますが 基本的に住居として人が住んでいます。そして周囲はとても静かでその環境を求めて移り住んだ方が多い地域になります」とつづっており、見学なども全て断っていることをアナウンス。ファンに理解を求めるよう、「拡散していただけると幸いです」と異例のメッセージを発表した。
 
  サイゾーウーマンでは同スタジオに問い合わせたところ、今回の一件が予想以上に大きなニュースになってしまったことに終始困惑気味の返答。サイトに記載したように、嵐ファンが大挙することは避けたいところだろうが、「これ以上、話を大きくしたくないです」とナーバスな対応だった。
 
  嵐といえば、ファン人口が多いこともあって「ロケ地にファンが殺到」といった例が絶えない。嵐が出演した日本航空(JAL)のCMに登場した北海道・上富良野市にある「5本の木」の撮影地は私有地だったが、無断で敷地内に入ったり、ゴミのポイ捨てや無断駐車などの被害に遭ったことは大きな話題に(既報)。また、昨年公開の映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』のロケ地になった品川区の八潮団地にも、撮影を見るために野次馬も含めて多くの人が集まっていた(既報)。…

国民的英雄、長嶋茂雄と王貞治が伝えたいことは?『長嶋茂雄×王貞治〜ONが語る“真実”〜』が放送

 国民的英雄、長嶋茂雄と王貞治が伝えたいことは?『長嶋茂雄×王貞治〜ONが語る“真実”〜』が放送

 4月29日(水)に『長嶋茂雄×王貞治~“ON”として生きる~』(NHK総合 10時05分~10時54分)が放送される。19日のサンデースポーツで伝えた歴史的対談の完全版だ。
 
 プロ野球界にさん然と輝くスーパースター、長嶋茂雄と王貞治。この2大スターが、膝を突き合わせて語り合う。サンデースポーツのマンスリーキャスターを務める星野仙一の呼びかけにより、この対談が実現した。星野は、誰よりも打倒ONに闘志を燃やし、誰よりもONを愛する男だ。
 
 番組では、今だから話せる秘話の数々や、あの天覧試合の裏側、記録への挑戦の日々。それぞれの引退の決断、監督としてのON対決などについても触れていく。そして、互いへの思いとは? 2人の飾らない本音の言葉をありのままに伝える。 
 
 関連リンク
 【画像】長嶋茂雄、王貞治、星野仙一が伝えたいことは

市川由衣は湯あがり…ブーム便乗「寝起き写真」変異型が続々

 市川由衣は湯あがり…ブーム便乗「寝起き写真」変異型が続々

 複数のメディアに取り上げられて話題になった、モデルでタレントのローラ(25)の“寝起き写真”。9日にアップして以降、コメント欄には<完璧すぎ><すっぴん美人>などと称賛の声が殺到。最終的に7万以上の「いいね!」が集まる大反響となったが、そんなブームに便乗してか、寝顔や寝起き写真の“亜種”や“変異型”が続々と登場している。
 
  モデルの菜々緒(26)は24日、おそらく過去に例のない「二度寝」写真をインスタグラムに公開。「おはよう。と見せかけて#二度寝」の説明を加えて投稿した。本当に二度寝をしているかどうかはさて置き、流行を敏感に取り入れ、SNSを自らのアピールとファンサービスにうまく活用している菜々緒らしいアイデアだ。
 
  一方、自撮り写真に四苦八苦して見えるのが、近ごろ話題の乏しい女性タレントたち。飽和状態になりつつある「寝起き」「すっぴん」では効果がないからか、あの手この手の新バージョンを模索しはじめている。普段、メディアに顔を見せない芸能人ほど、奇抜で過激になっていく傾向があるようだ。
 
  映画でヌードを披露した女優の市川由衣(29)は23日、ベッドに横たわって上目づかいでカメラを見上げる写真をアップ。構図的には寝起き写真と変わらないが、「風呂はいってパック完了 明日もがんばろ!」と書き込んだところをみると、どうやら”湯あがり”であることがミソらしい。
  
  髪型やメークを変えるたびに、自撮り写真を投稿するタレントの益若つばさ(29)は19日、すっぴんで髪が濡れた写真をツイッターで披露。“びしょ濡れ”セクシーショットとして話題になった。
 
  定番化している美容室での自撮りも、アイデア次第で差別化が可能だ。タレントの梅宮アンナ(42)はヘアカラー中、髪の毛がディズニー映画のマレフィセントの角のように立ち上がった写真を投稿。ビジュアルのインパクトを狙った。
 
  色気で勝負のグラビアアイドルたちは、ほぼ下着姿のような写真を日常的に公開しているが、整形告白で話題になった森下悠里(30)は、エステ中の写真と称して紙パンツ姿を大公開。いやはや、そこまでやるか、である。
 
  かつて貴重だった芸能人のプライベートショットも、今では向こうから見せてくれる時代。ファンにとってはありがたいが、芸能人にとっては発信力とセンスが問われる“自撮り戦国時代”に突入しているのかもしれない。

HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe