忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホンダ、新型軽乗用車「N」シリーズ第一弾「N BOX」の情報を公開

 ホンダ、新型軽乗用車「N」シリーズ第一弾「N BOX」の情報を公開

 

 本田技研工業は31日、新型軽乗用車「N」シリーズ第一弾「N BOX」の情報をWebサイトで先行公開した。

 新型軽乗用車「N BOX」先行公開ページ

 N BOXは、新設計エンジンの採用により、同社の車としては最も小さなエンジンルーム長を実現。加えて同社独創のパッケージング技術であるセンタータンクレイアウトの採用により、軽乗用車最大級の室内空間を実現したという。

 同社では今後発売する新型軽乗用車シリーズに、同社初の量産軽乗用車「N360」にこめられた「新時代を築く四輪車を作りたい」という想いを継承し、「N」(エヌ)というネーミングキーワードを設定。今回先行公開された「N BOX」は、新しい「N」シリーズの第一弾となるモデルとなる。

 また、Webサイトで紹介している"Hello, small world!"というメッセージには、同社の軽自動車をはじめとするスモールカーへの取り組みをより一層強化し、新たな提案を続々としていきたいという想いを込めているとのこと。N BOXの情報は、Webサイトにて順次公開していく予定。

PR

14日間限定! 「マックフライポテト」が全サイズ150円

 14日間限定! 「マックフライポテト」が全サイズ150円

 

 日本マクドナルドは11月4日~17日、「マックフライポテト」を全サイズ(S・M・L)特別価格の150円で販売する。

同キャンペーンは、当初記事中にあるとおり11月4日~17日の期間に実施と発表されたが、後に期間延長が発表された。
 
 「マックフライポテト」全サイズ150円キャンペーン、期間延長し16日間に

 「マックフライポテト」が全サイズ150円になる

 同メニューは1971年の創業時より販売している商品で、通常はSサイズ190円~210円、Mサイズ240円~250円、Lサイズ290円で販売している。これまでに同商品を全サイズ150円で販売するキャンペーンは、今年4月4日~4月14日(平日限定)と9月5日~9月15日に実施済み。今回はより長い期間での実施となる。

松屋、「ネギ塩豚カルビ丼」を再販売

 松屋、「ネギ塩豚カルビ丼」を再販売

 

 松屋フーズは31日15時、「ネギ塩豚カルビ丼」を「松屋」店舗にて発売する。同商品は9月に期間・数量限定で発売されたもので、好評だったことから再販売に至ったという。

 「ネギ塩豚カルビ丼」

 鉄板で焼いた豚カルビ肉に塩ダレ、青ネギを合わせたもの。価格は並が350円、大盛が450円となっている。

主婦の食器洗い時間は1日平均「25分」。4割が「後回しに」

 主婦の食器洗い時間は1日平均「25分」。4割が「後回しに」

 

 ライオン株式会社は、31日、25~39歳の既婚女性109名に対して、「食器洗いに関する意識調査」のモニター調査を行った。結果、1日の食器洗いの平均時間は「25.2分」ということが分かった。

お腹がいっぱいの時はゆっくりしたい。「食器洗い」主婦の4割が「後回しに」

 まず、「普段、食器洗いにかける時間は1日何分くらいですか?」と聞いたところ、平均は「25.2分」となっており、「食器洗いの時間を短くしたいと思いますか?」という質問には95%が「そう思う」と答えていた。

 また、「食後に食器を洗うタイミング」は、「必ずすぐに洗う」という人は17%。「すぐに洗うことが多い」が46%で、「時間をおいてから洗うことが多い」32%、「必ず時間をおいてから洗う」5%と、「時間をおいてから洗う」人はおよそ4割(37%)となった。

 Q.食後に食器を洗うタイミングは?

 時間をおいてから洗う人の理由としては、「お腹がいっぱいの時はゆっくりしたくなるから(33歳・事務職)」、「面倒に感じてしまうから(27歳・専業主婦)」などが挙がっている。

 実際「食事の後すぐに食器を洗った時、食器を洗うことをおっくうに感じることはありますか?」という質問には、92%が「ある」と回答した。

歩行者は路面に叩きつけられた…自転車の衝突テスト映像を公開

 歩行者は路面に叩きつけられた…自転車の衝突テスト映像を公開

 

 日本自動車連盟(JAF)は現在、ダミー人形を使った自転車の衝突テスト映像を同連盟Webサイトにて公開している。

 自転車は道路交通法上、軽車両に分類され、交通ルールに従って車道の左側を通行するのが原則だが、状況により歩道走行が認められている場合もあるため、「車両であるという認識の欠如を生む要因の一つとも考えられる」(同連盟)。

 同連盟では、近年増加中の自転車事故を防止するため、自転車利用者が軽車両である意識を持って、交通ルールを遵守するよう衝突テスト映像を公開している。

 映像は、実験「自転車と車の衝突」「自転車と歩行者の衝突」の2種類を用意。このうち「自転車と車の衝突」では、ダミー人形(78kg)を乗せた自転車(16kg)を時速20kgで走行させ、時速40kmの自動車と出会い頭の形態で衝突させる実験を行っている。

 一方、「自転車と歩行者の衝突」では、ダミー人形(78kg)を乗せた自転車(17kg)を時速20kmで走らせ、歩行者に見立てたダミー人形(78kg)に背後から衝突させている。

 「自転車と車の衝突」(出典:日本自動車連盟Webサイト)自転車は15mはね飛ばされ、ダミー人形はボンネットに乗り上げて頭からフロントガラスに突っ込む形に

 「自転車と歩行者の衝突」(出典:日本自動車連盟Webサイト)自転車の乗員が飛びかかる格好になり、歩行者ダミーは0.8秒後に1.5m押し出されて路面に叩きつけられた

HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe