忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男女での「物の見方の違い」は色と形に関係している

男女での「物の見方の違い」は色と形に関係している

 

見た目で選ぶといわれがちな男性ですが、それは本来持った遺伝子からなる性質といえるようです。男の人は物を形からとらえる傾向があり、逆に女性は色から物事をとらえていく傾向にあるため、男女で物の見方に違いが起きています。

なぜ男は女に比べ無口なのか……それにはれっきとした理由があるんです!!

◇ 子どものころはみんな色が好き

生まれたばかりの新生児から幼少期の4歳くらいまでは、色を見て物事を判断しているそうです。形などからは物を判断することができず、リンゴが丸いと判断せずに、赤いからリンゴと判断します。
心理学者のデビットカッツの研究では、△、◯、□、それぞれ色もまちまちにして、9枚の図形を用意しました。幼児にグループに分けをしてもらうと、迷わず形ではなく色だけでグループ分けをした結果が出ています。
幼児期の子どもたちは形で物を理解できないため、色を見て学んでいき、笑ったり怒ったりと喜怒哀楽が生まれてくるんですね。4歳をすぎると形を覚えていき、形という観念が形成され、理論や思考が生まれてくるようです。

◇ 感情と密接な色

では、色についてですが、色は形よりも感情と密接に関係しています。色を見るだけで気分を落ち着かせたり、高揚させたりなどの作用もあるほどです。しかし女性と男性は見えている色に違いがあります。女性は元々男性よりも色彩をとらえる感覚が多く、男性よりも見えている色の幅が多いのです。感情と密接している色だからこそ、女性の方が感情に起伏が激しいのもなんだか分かりますよね。ピンクでも微妙な色の違いについても、男性ではなかなか識別しづらいのが特徴です。髪の毛のカラーリングをして、栗色から少し濃い目の栗色にしたところで、気づくことが難しいようです。

◇ 形が思考を刺激する

男性の場合は形から物事を見つめる傾向があるので、形にとてもこだわりを持っている人が多いようです。小さい男の子でも、電車や車など、形のさまざまな乗り物に興味を持っていますよね。形にどんどん興味を示すからこそ思考が成長しやすいので、男性の方が形にとてもこだわりを持っています。だからこそ女性が気をつけたいのが体型なのかもしれません。すこし太ったり痩せたりしても、男の人はシビアにその部分を見ています。髪の毛のカラーリングを変えたことは何も言われないのに、体型の変化にはいちいち指摘される、なんて経験がある人もいたりしませんか?

◇ 分かりやすい色とメリハリ

男性の色彩感覚が女性とは違うため、洋服の色合いなどはメリハリがある方が男性の心を引きつけやすいとも言えます。また、そのメリハリさを活かして体型もカバーすることができます。淡い色と淡い色とのコンビネーションで上下の服装を揃えてしまうと、ぼやっとしてしまいがちに。体型をスレンダーにキレイに見せたいなら、ボトムは濃い目を持ってきて、トップは淡い色など明るい色を持ってくるだけでも、足長効果を引き出せます。誰が見ても分かりやすいメリハリのある色を使うことで男性の目をひくことができるかも?

PR

「結局男って○○な生き物だよね」と女性にはひとくくりに思える男性像9パターン

「結局男って○○な生き物だよね」と女性にはひとくくりに思える男性像9パターン

 

過去に残念な思いをしたことで、あまり男性に期待しないという女性は少なくないようです。では、そんな女性たちは男性に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『結局男って○○な生き物だよね』と女性にはひとくくりに思える男性像」をご紹介します。

【1】「単純」
「何の気ない発言を真に受けすぎ」(10代女性)など、女性の発言をすぐ鵜呑みにする男性にあきれてしまう女性は多いようです。少し褒められただけで「俺のこと好きなの?」と勘違いし、気持ちが突っ走りがちな男性は注意が必要でしょう。

【2】「自分大好き」
「俺様気質のクセに打たれ弱いって…めんどくさい」(20代女性)など、自己愛が強く、自分を守ることに必死な男性が多いと感じる女性もいるようです。俺様気質を自覚するなら、せめて「常に女性をリードし、しっかり守る」くらいの男らしさも示すべきなのかもしれません。

【3】「子供」
「すぐムキになったり、ふてくされたりする」(10代女性)など、本能のまま周りを気遣えない男性に冷めた視線を送る女性は多いようです。勝負事やスポーツに熱くなることも、本人は「少年の心を忘れない大人」のつもりだろうと、女性からは単に子供っぽいと思われる恐れがありそうです。

【4】「浮気者」
「反省してもゼッタイ同じ間違いを繰り返す」(20代女性)など、裏切られた経験から男性を信じられなくなる女性もいるようです。一度過ちを犯せば、その後いかにフォローしようとも女性の信用を取り戻すのは困難であると言えそうです。

【5】「見た目優先」
「ぶりっ子や性悪に簡単にダマされる」(20代女性)など、外見のいい女性に振り回される男性を見て、「薄っぺらい男」とがっかりした経験のある女性は多いようです。気になる女性に関しては、同じ女性の友人からの冷静なアドバイスにも耳を傾けるべきかもしれません。

【6】「マザコン」
「私に自分のお母さんと同じものを求めるのはやめてほしい」(30代女性)など、「理想の女性像=母親」という価値観にうんざりする女性もいるようです。女性に世話を焼いてもらいたがる、亭主関白気取りの男性もマザコンと見なされがちなので注意しましょう。

【7】「口だけ」
「無責任で軽薄」(20代女性)など、言っていることに行動が伴わない男性に失望した経験のある女性も多いようです。彼女の不満や不安を言葉でごまかすことができたとしても、態度で示さなければいずれ心は離れてしまうでしょう。

【8】「エッチなことで頭がいっぱい」
「遠距離の彼からのメールは『会いたい』よりも『したい』ばっかり…」(20代女性)など、肉体的な欲望ばかりでロマンチックさのかけらもない男性に言葉を失う女性もいるようです。女性は体より心がつながることに喜びを感じるもの。正直になりすぎず、たまにはヤセ我慢してカッコつけたいところです。

【9】「小心者」
「内弁慶な彼氏にがっかり…」(20代女性)など、器の小さい男性に幻滅する女性は多いようです。特に表向きはニコニコと愛想良く対応していた相手に対し、後になって悪態をつくような男性は女性からの信頼を得られないと心得ましょう。

ほかにも「『結局男って○○な生き物だよね』と女性にはひとくくりに思える男性像」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

みんなこっそりやっていた! デート前に女子が準備していること5選

みんなこっそりやっていた! デート前に女子が準備していること5選

 

好きな人の前では、少しでもきれいな自分でいたいと思うのが女心。デート前はいつもよりも気合いの入った準備をしている人も少なくないかと思います。そこで今回は、デート前に女子がどんな準備をしているのか聞いてみました。

■すみずみまでムダ毛処理
「毛深い体質なので、全身のムダ毛処理は欠かせません。指やおへそまわりなど、見落としがちな部分まで入念に行います」(28歳/保険)

彼がムダ毛を見てドン引き……、なんてことにならないようにデート前はとくに細かい部分までしっかりお手入れしたいですね。

■むくみ解消
「立ち仕事で足がむくみやすいので、前日はマッサージサロンへ。むくみだけでなく疲れもとれるので、デート前にはできるだけ時間を見つけていくようにしています。自分でリンパマッサージをすることも」(28歳/アパレル)

疲れてむくんでいるよりもマッサージをして体が楽になった状態のほうが、よりデートを楽しめそうですね。

■前日はプチ断食
「少しでもウエストを細く見せるために前日は夕飯を抜く。大きな効果は期待していませんが、がんばった分自信が持てます」(27歳/出版)

一日で大きな変化は見られなくとも、それが自信になるならばやることに意味があるといったところでしょうか。

■新しい下着を新調
「ここぞ! というデートの前には下着を新調。デートの予定が入ったらすぐに新しいものを買いに行きます。彼が好きそうなデザインを考えながら選ぶのも楽しいです」(26歳/広告)

せっかくいい雰囲気になっても、着古した下着ではムードも台なし。お泊まりの予定がなくても、下着を新調することで気分も盛り上がりますね。

■基本の身だしなみアイテム
「以前デートのときにハンカチを忘れてしまって、彼に『だらしない』と思われてしまいました……。それからは前日のうちに、ハンカチやティッシュ、ウエットティッシュなどの持ち物を必ず準備しています」(27歳/教育)

彼の前でサッと取り出せるとポイントが高そうなアイテム。前日に準備しておければ、当日にバタバタすることもなくて安心ですね。

本命の彼とのデートは、気合いが入るもの。万全の準備をして、最高の状態でデートを楽しめるといいですね。あなたはデート前にどんな準備をしていますか?

※画像は本文と関係ありません

(永田梨香+プレスラボ)

外見は普通なのに、なぜ彼女はモテる? 4つの秘訣

外見は普通なのに、なぜ彼女はモテる? 4つの秘訣

 

 美女やイケメンがモテるのは当たり前。しかしそこまで外見が優れているわけではないのに、やたらモテる人たちがいますよね。

 外見ではなく、内面や行動でモテている人たちは、普通の人たちとはどういうところが違うのでしょうか? 外見に頼らない、モテる人の秘訣をお教えします。

■1. 気が利く

 気が利く人は常に視界を広く見渡しているので、困っている人や不愉快な思いをしている人たちをそれとなくフォローします。気の利いた行動は「あなたのことをちゃんと見て考えていますよ」というアピールになるので、恋愛対象になりやすいのです。

 また、言われるであろうことを推測して先にやっておいたり、ついでに他人のぶんも行動するなど、何もしないで「なんでモテないんだろ」と言っている人の何倍もよく動きます。

 みんなが気持ち良く過ごすために、細々とした面倒なことをこなす気が利く人。一見損な役回りですが、それを見ている人はいます。人間は誰かに関心を持ってもらいたいという欲求があるので、心の隙間にスッと入り込めるのです。

■2. 褒め上手

 人間には「承認欲求」という、自分のことを認めてもらいたい欲求があります。それは自画自賛では足らず、他人に評価されてはじめて得られる満足感。褒められると嬉しくなるのは、そのような心の働きによるものだと考えられます。

 「八方美人と思われるかも」と思わず、良いと思ったことを即褒めましょう。そして褒めるのは、内面や努力していること、自信を持っていること、自分からは言わないけど自慢したいことなど、人に気付いてもらいたいポイント。「この人はわかってくれてる!」と親近感を抱きます。

■3. 笑顔が可愛らしい

 相手が自分に好意を持っていると思ったら、自分も好意を持つことを、心理学では「好意の返報性」と呼びます。人は自分に向けられた笑顔を見ると、自分に好意を持っていると感じ、自分も相手を好きだと感じてドキッとするのです。

 ムスッとした人と笑顔の人、話し掛けやすいのは後者ですよね。笑顔には、自分を受け入れてくれると感じさせる効果もあります。

 笑顔でいれば、いつも心に余裕があるように見えますし、心が広い人という印象を与えます。また、ギャップやかわいらしさを感じさせる効果もあるので、人間としての幅を感じる人もいます。

■4. 「当たり前」がちゃんとできる

 礼節をわきまえる、基本的な常識がある、浮気をしなそう、変な嘘をつかないなど、ごく当たり前のことができない人がいます。外見が良いのにモテない人を観察すると、そのような「当たり前」ができていないことに気付くことが多いはず。

 「当たり前」がちゃんとできない人は、つきあいたいと思われる対象になれません。高度な恋愛テクニックを身につけるよりも、もう一度自分には「当たり前」がちゃんと備わっているか考えてみましょう。身の丈に合わない高度な恋愛テクニックを無理に身につけるよりも、モテるようになると思いますよ。

文・相沢 あい(All About 相沢あいの恋愛コラム)

地味に傷つく!初デートにおける女子の人見知り行動

地味に傷つく!初デートにおける女子の人見知り行動

 

人見知りの女性にとって、男性との初デートほど悩ましいシチュエーションはありません。とはいえ、どんなに恥ずかしくても、不用意な行動を取ると無意識のうちに男性を傷つけてしまう可能性があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性170名に聞いたアンケートを参考に「地味に傷つく!初デートにおける女子の人見知り行動」をご紹介いたします。

【1】「今日もかわいいね」と褒められても、「別に」とそっけなく返す
「素直な気持ちで言ってるのに、スルーされるとむなしくなる」(10代男性)というように、せっかくの褒め言葉を邪険に扱うとデートの空気が悪くなってしまうようです。謙虚アピールで否定するよりは、「ありがとう」と笑顔を見せるほうが男性に喜んでもらえるでしょう。

【2】2人きりのデートなのに、2メートルほど距離を置いて歩く
「一緒に歩くのが嫌なのかと思ってしまう」(10代男性)というように、歩行中に離れすぎるのも、男性に誤解を与えてしまいます。緊張を隠したければ、笑顔で武装しながら隣に並んで歩いたほうが、不自然さを払拭できるでしょう。

【3】「いいえ、けっこうです」など、他人行儀な言葉遣いで話す
「バリアを張られているみたいで萎える」(20代男性)というように、あまりに堅苦しい言葉遣いは、男性に強固な壁を感じさせてしまうようです。くだけた話し方が苦手なら、「仕事の癖でこういう口調になっちゃうんです」などと言い訳したほうがいいでしょう。

【4】差し向かいでも顔を上げず、目を合わせて話さない
「説教してるわけでもないのに、そんなに下を向かれても…と思います」(10代男性)というように、会話中の顔の向きを細かく気にする男性もいます。相手の目をジッと見つめるのは無理でも、会話の要所では一瞬でも視線を合わせたほうが心の距離が縮まるのではないでしょうか。

【5】「恥ずかしい!ムリムリムリ!」と、プリクラや写メをかたくなに拒む
「必死に拒まれるとなんか傷つく…」(10代男性)というように、どんなに写真が苦手なのだとしても、全力で拒否するのはまずそうです。「次回までに慣れておきます!」などと前向きな姿勢を見せて、希望を与えてあげましょう。

【6】デートプランに意見を求めても、「何でも大丈夫です」と自己主張をしない
「少しは参加意欲を見せろや!と言いたくなる」(20代男性)というように、自分の意見を言わないせいで、男性をイライラさせてしまうパターンです。間を持たせる自信がないなら、映画や漫画喫茶など、会話をしなくて済みそうな場所を希望すれば、少しは落ち着けるのではないでしょうか。

【7】美味しいご飯を食べても無表情で、とにかく感情表現が乏しい
「『おいしい?』とか『楽しい?』とか、いちいち感想を聞かなきゃいけないのが面倒」(10代男性)というように、デート中のリアクションが悪いと男性を気疲れさせてしまうようです。多少無理をしてでも、普段より割り増しで明るく振る舞って、一緒にデートを盛り上げるのがマナーと心得ましょう。

【8】何か質問されても、一言しか返さない
「話が広がらないし、難敵に出会ったなとため息が出る」(20代男性)というように、聞かれたことに答えているだけでは、どんな会話も尻すぼみになってしまうもの。話すのが苦手なら、「すごいですね!」などの相づちを練習して、せめて聞き上手キャラになりたいところです。

【9】「あ、さようなら」と、表情を変えず素早く帰って行く
「微妙にデートの後味が悪くなる」(10代男性)というように、デートの帰り際は、その日全体の印象の良し悪しを左右する重要な瞬間かもしれません。笑顔で手を振るなど、最後くらいは思い切って親近感を示しておくと、「次」につながる可能性は高まるでしょう。

いくら悪気のない行動でも、相手を不快にさせてしまっては何もいいことはないでしょう。信頼関係が築けるまでは、気合いを入れてデートに挑みたいところです。(浅原 聡)

【調査概要】
期間:2014年10月10日から17日まで
対象:合計170名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査

HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe