忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

中国の巨人症の女 ― 貧困と悲運が引き起こした悲しい死

 

 中国の農村、舒茶村で72年に生まれた姚徳芬(ヤオ・ダーフェン/Yao Defen)さんは、幼少期の頃から食欲旺盛で元気な女の子だったが、11歳の時には身長が188cmあり、ほかの女の子とは比べものにならないほどの逞しい体つきに育っていた。

その他の画像と動画はこちらから

 姚の実家は食べ盛りの姚の食費を賄うことが大変なほど貧しく、家族は将来、姚がプロのバスケットボール選手になることを望んだ。彼女自身も15歳になると、学生チームのトライアルに参加してチームへの本入団を心待ちにしていた。しかし、姚は突然、ある朝の練習中に意識を失って倒れてしまう。

 病院に運ばれた彼女を待ち受けていたのは、巨人症を患っているという事実だった。ホルモンの異常によって体の構造が脆弱となり、さまざまな内臓疾患を抱えているという診断が下ったのだ。

 一般的に、巨人症とは100万人に3~4人の確立で発生する珍しい病だ。脳内にある成長ホルモンを産生する下垂体が腫瘍によって引き起こされ、過剰に成長ホルモンが分泌されることが原因とされる。だが、医学の発展した現代社会では早期の処置をすることによって、ほとんどの人が健全な生活を受けられるまでに回復するといわれる。

 ところが、姚の場合、実家が貧しく病院へ行くことができなかったため、15歳の時点で身長は大きくなり過ぎていた。既に身長は198cmを超えていたのだ。それでも原因とされる下垂体の腫瘍を取り除く手術を受けさえすれば、それ以降の成長を食い止め、さらに脆く育ってしまった体を回復することができると医師は診断する。しかし、不幸なことに手術費用を捻出することができず、なんの処置もされないまま退院した。

 その後、家の貧困問題から姚は学校に通えず、まともな職にありつけなかった。そんな彼女が働ける場所といえば、サーカス団で見世物になることくらいだった。彼女は20歳でサーカスに入団するも、耐え難い辱めや、囚人のようなひどい扱いを受け、数年後には逃げるようにして退団。だが、巨人症を患っている姚の姿をたまたま見た医師が、彼女の治療に当たりたいと申し出たことは不幸中の幸いであった。そのころの彼女の身長は229cmを超えており、それ以上の成長は彼女の命に関わるとして、一刻も早い治療が必要であったのだ。

 00年、遂に姚は腫瘍を摘出する出術を受けるに至った。しかし、その時点で腫瘍はかなり大きく、脳内に入り組むまでに育っていたため、完全に摘出されることはかなわなかった。術後、彼女の成長は一時的には止まったものの、数年掛けて再成長をはじめた。10年にイギリスのドキュメンタリーチームが彼女の治療を試みるが、その時点で姚の身長は234cmまでに育っており、ギネスブックに『生存する女性の中で最も背が高い女性』として認定される。

 この頃になると、彼女の病は末期的で腫瘍が脳内で育み、体の至るところに悪影響を及ぼした。視神経を圧迫し視力は弱まり、性ホルモンの欠落によって、彼女の子宮は縮んでほぼなくなっていた。加えて、心臓は育ちすぎて血液を正しく循環できておらず、脳には血栓の兆候が見られ、下垂体の腫瘍は手術できない状態にまで拡散していたのだ。それでも、医師団はあきらめず、ホルモン治療により症状の安定化を試みた。

 だが、その甲斐むなしく、12年末、とうとう姚は41歳という若さでこの世を去ってしまう。もし、彼女が幼少期から定期的に健康診断を受けられる状態にあり、早期に処置を受けてさえいれば、彼女の悲劇は避けられたに違いない。悲運と貧困の二重の悲劇が生み出した、なんとも悲しい人生であった。
(文=五月松鯉)

PR

鹿とブルドッグが仲良く遊ぶと…こんな感じ(動画)

鹿とブルドッグが仲良く遊ぶと…こんな感じ(動画)

 

鹿とブルドッグという変わった組み合わせですが、とても仲が良いそうです。

一緒に遊ぶとどういうことになるのか、映像をご覧ください。

French Bulldog Plays with Deer – YouTube

すばしっこさはブルドッグに分があるようで、鹿は触ることもできません。

機動力は圧倒的にブルドッグかと思いきや……。

さすが鹿、走り出すと速さは断然ですね。

【この記事の全ての画像・動画を見る】

【アジア発】どう考えてもこれヤバいだろ……っていう写真15選

【アジア発】どう考えてもこれヤバいだろ……っていう写真15選

 

世界人口の半分以上が住んでいるアジア。人口が多いということはそれだけいろんな考えを持つ人が出てくるが、中には誰も思いつかないような奇抜な行動を平然とやってしまう人もいるものだ。

画像をもっと見る

ということで今回はその例えとして、アジアで撮影された「どう考えてもこれヤバいだろ……」って思ってしまう写真をご紹介したい。少数精鋭の15枚となっているが、見応えのあるものがズラリと揃っているぞ!

海外サイトに掲載されたアジア発・トップランカーたちの写真を見てみると……こ、これは! ドアがないタクシーをはじめ、靴の車に乗った男性、斧を持って授業をする女教師などなど……ネジが外れた被写体をもれなく確認できる。確かにその弾けぶりは、そうお目にかかれるものではない。

何度見てもヤバさしか伝わってこない15枚は、アジアの広さを実感、さらには人口の多さを再確認させてくれるはず。これが本当のアジアパワーなのか……と思い知らされること間違いなしである。

参照元:Izismile(英語)
執筆:原田たかし

【UFO】チリ政府「これは人が作ったものではない」と発表! 国家総ぐるみのUFO調査に注目集まる

【UFO】チリ政府「これは人が作ったものではない」と発表! 国家総ぐるみのUFO調査に注目集まる

 

 世界中で目撃されているUFOであるが、南米は特にUFOが頻繁に目撃されるUFO多発地帯の1つであると言っても過言ではないだろう。あまりにも頻繁に現れる正体不明の飛行物体を解明すべくチリ政府は航空局傘下に「異常航空現象研究委員会(CEFAA)」を設立し、航空機の航行安全を守るためチリ全空域に現れたあらゆる正体不明の航空現象のデータを収集・解析しているのだ。未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)すなわちUFOであるが、チリは今国をあげてこのUFO調査に本気なのである。

その他の画像はこちらから

■チリ政府「人間の作ったものではない」と発表

 さて、そんな「CEFAA」が注目している一枚のUFO写真がある。これは、以前トカナでも紹介したUFOで、2014年7月の段階で、政府は「UFOの可能性がある」と言及していた。しかし調査をした結果、さらに詳しいことがわかったという。

 16日の英紙「Mirror」の記事よると、「CEFAA」は「これは人間が作ったものではない」と発表。謎の飛行物体は「銀色のディスク型であり直径は約10m。現在の航空機ではできない垂直飛行や水平飛行をしていた」と報じている。

 この画像はもともとチリ北部のコジャワシ銅鉱山に働く鉱山労働者が2013年4月に撮影したものだ。撮影した鉱夫らは「ありえない」と嘲笑されるのを恐れて内緒にしていたのだが、CEFAAに「画像を送る」と言い張る上司に根負けしコピーを譲ったという。あくまでも"匿名で"という撮影者によるとこの飛行物体は1時間以上も空に浮び、飛行音など何も聞こえなかったということだ。

 2014年7月に公表された報告では、付近にUFO雲とも呼ばれるレンチキュラー雲(レンズ雲)が発生していたため「UFO雲」の可能性も指摘されていたが、CEFAAの国際情勢責任者ホセ・レイ氏は「これは"無人"ではない」と主張。また、気象観測気球、実験機その他軍事訓練が行われていた可能性も否定しているというのだ。"無人"ではない、ということはこの飛行物体に搭乗している何者かが何らかの意思をもって作動させているということで間違いないだろう。

 トカナでは毎度おなじみのUFO研究家スコット・ウェアリング氏も、この件に関してUFOの可能性を力強く主張している。白昼堂々と現れたこのUFOは「宇宙人たちは我々の"感情"に対して大変興味を持っており目撃されるのを承知の上で鉱夫たちの反応に興味があったのではないか」という。またウェアリング氏は「雲」とUFOの関係についても興味深いことを述べているのだ。

■大きな雲には母艦クラスのUFOが隠れている?

 ウェアリング氏は自身のサイト「UFO Sightings Daily」にも大きな雲に吸い込まれていくUFOの目撃証言を度々紹介しており、不自然に巨大な雲には母艦クラスのUFOが潜んでいる可能性を明らかにしている。

 今年3月にはメキシコのコリマ山上空に現れた「雲」に化けた巨大なUFOを発見しており、ウェアリング氏によるとその「雲」は付近の雲が風で流されているにも関わらず、まるで火口を覗いているかのように上空に居座り続け、しばらくの間そこに停留していたという。

■UFOとジンクス

 これまでにも火山口近くを浮遊するUFOは数多く目撃されているが、実際に噴火した火山付近でもUFOは度々目撃されているのだ。昨年噴火した御嶽山でもUFOの目撃情報が相次いだのをご存知の方も多いだろう。

 表向きCFEAAはチリ上空の安全を守るためとしているが、"UFOが現れた後は何らかの天変地異が起こる可能性が高い"というジンクスを、もしかしたらチリ政府も知っているのではなかろうか…。
(文=遠野そら)

ジャーナリスト「胸が張り裂けそうになった」シリア難民キャンプで4歳の少女がとった絶望の行動とは?

ジャーナリスト「胸が張り裂けそうになった」シリア難民キャンプで4歳の少女がとった絶望の行動とは?

 

 すでにインターネットでご存じの方も多いと思う。このハートブレイクな画像が初めて人の目に触れたのは、昨年の12月だ。トルコの新聞社「Turkiye」に所属するカメラマン、オスマン・サジリー氏が撮影したもので、最初はトルコ国内だけで話題になったそうだが、「Twitter」などのSNSのおかげで英語圏にも拡散し、またたく間に世界中を駆け巡るに至った。

その他の画像はこちらから

■哀しい瞳で"降伏"する少女

「小さな女の子がいたので望遠レンズで撮影しようと思ったんです。でもなぜか、その子はくちびるをギュッと結んで、手をゆっくりと宙に突き出したんですよ」と、サジリー氏は振り返る。トルコとの国境近くにあるシリアのアトメン難民キャンプでのことだ。サジリー氏いわく、普通、子どもたちにカメラを向けると、恥ずかしがって逃げるか、無邪気な笑顔を返してくるという。だが、その子はカメラをじっと見つめたまま、ただ無言で両手を上げたという。まるで「無抵抗」を表現するかのように――。

 そして、サジリー氏は真実を悟った瞬間、胸が張り裂けそうになったと語る。確かに、望遠レンズをつけたカメラは、遠目には機関銃のように見えなくもない。目の前のおさな子は、カメラを"銃"だと勘違いしたのだ。

 英紙「Daily Mail」電子版によれば、彼女の名はアディ・フディア。4歳になるシリア人少女だ。

 彼女は撮影当時、怪我をした母親と3人の兄弟とともに難民キャンプに住んでおり、父親は2012年に殺されたらしい。筆者には、アディちゃんが両手で"降伏"を意味しながらも、ゲンコツを突き上げ、幼いながらも腹にイチモツ持っているかのように見えてならない。まっすぐに見据えた瞳は年端もゆかない子どもにも関わらず、すでに捨身のようにも見える。物心つかないうちから、生まれた国が戦火にまみれているというのは、一体どれほどの恐怖と混乱だろう。

■二度と戻らない子ども時代が戦火に包まれる

 この一枚の写真は世界中に衝撃を与え、そして動き出した人たちがいる。ソーシャルプラットフォーム「Change.org」は現在、「アディちゃんたち家族を見つけ出し、助けたい」キャンペーンを行っている。彼らは196ヵ国、7,000万人以上のユーザーが参加する世界最大のオンライン署名サービスだが、社会の不平等に声を上げ、それの改善を目的としている。彼らによれば4月10日、幸いにもアディちゃんたちはシリア北西部の町イドリブで発見され、トルコの人道支援団体「IHH」の保護下にあるという。

 今年で5年目に突入するシリアの内戦。すでに22万人以上の命が失われており、そのうち1万人は子どもたちといわれている。戦争を始めたのは大人たちだけれど、二度と戻らない子ども時代を守ってやれるのも、大人たちにしかできないことだ。
(文=佐藤Kay)

HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe