忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[60340]  [60339]  [60338]  [60337]  [60336]  [60335]  [60334]  [60333]  [60332]  [60331]  [60330

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【新製品クローズアップ】東芝が低湿度になると野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫『GR-H38SXV』を発売

 【新製品クローズアップ】東芝が低湿度になると野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫『GR-H38SXV』を発売

 

 東芝ライフスタイルは、水蒸気の吸収・放出を行う「うるおい補給カセット」を野菜室に新搭載した3ドア冷蔵庫、『GR-H38SXV』(定格内容積375L)を5月中旬から発売を開始する。

 『GR-H38SXV』オープン価格

【新製品クローズアップ】東芝が低湿度になると野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫『GR-H38SXV』を発売  【新製品クローズアップ】東芝が低湿度になると野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫『GR-H38SXV』を発売

 外形寸法/幅600×奥行き672×高さ1734mm
 定格内容積/375L(冷蔵室:204L<チルド:12L>、野菜室:83L、冷凍室:88L)
 制御/ecoモード(節電機能)
 除菌・脱臭/Ag低温触媒
 ガラス棚/全段
 2Lペットボトル収納数/冷蔵室:4本、野菜室:2本
 本体色/クリアシェルホワイト(ZW)、クリアブラウン(ZT)
 ※仕様の異なる『GR-H38S』(375L)、『GR-H34S』(340L)も同時発売

 【『GR-H38SXV』の主な特徴】

 ・野菜室の湿度を逃さない「うるおいラップ野菜室」を装備
 ・冷蔵室内の棚にはすべて強化処理ガラスを採用
 ・「Ag低温触媒」など除菌・脱臭機能を搭載

 『GR-H38SXV』の野菜室は、冷凍室と野菜室をしっかり断熱材で仕切り、気密性を高めることで野菜室の湿度を逃さない「うるおいラップ野菜室」を新たに採用した。この「うるおいラップ野菜室」は、3ドアの真ん中にレイアウトされ、「うるおい補給カセット」を内蔵。「うるおい補給カセット」の内部には湿度80~60%の範囲で水蒸気の吸収・放出を行う調湿シートが入っている。

【新製品クローズアップ】東芝が低湿度になると野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫『GR-H38SXV』を発売

 野菜室は野菜の収納量が多いと庫内は高湿度になり、野菜の収納量が少ないと低湿度となるため、このシートが野菜の収納量が多い高湿度時には、水蒸気を吸収して蓄積。野菜の収納量が少ない低湿度時に、蓄えておいた水蒸気を放出して、野菜室内の野菜の乾燥を防ぐのだ。

 また、冷蔵室内の棚にはすべて強化処理ガラスが採用されている。これにより、庫内奥のLEDライトの光が冷蔵室の棚を透過して行きわたるため、庫内全体が明るく見やすくなり、ガラスのため汚れも拭き取りやすくなった。他に、「ecoモード節電機能」、「Ag低温触媒」による除菌・脱臭機能も搭載している。

 ほかに3ドア冷蔵庫の新製品として、『GR-H38S』(定格内容積375L)、『GR-H34S』(定格内容積340L)も5月中旬より発売する。

 <関連情報>

 http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm

 (文/編集部)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe