忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[51630]  [51629]  [51628]  [51627]  [51626]  [51625]  [51624]  [51623]  [51622]  [51621]  [51620

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャナスのグロス氏、ブリッジウォーターの投資戦略を手本に

ジャナスのグロス氏、ブリッジウォーターの投資戦略を手本に 

 [ニューヨーク 1日 ロイター] – 米資産運用大手ジャナス・キャピタル・グループ(JNS.N: 株価, 企業情報, レポート)で「ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」JUCAX.Oを運用するビル・グロス氏は1日付の最新リポートで、世界最大のヘッジファンド会社ブリッジウォーター・アソシエーツの投資戦略を手本にしていることを明らかにした。

 資産運用規模約1690億ドルのブリッジウォーターは、株式や債券、コモディティのリターンを最大化するためにレバレッジを活用している。 グロス氏は「短期金利が低く推移し続けている限り、安くレバレッジを掛けることがアルファ(市場平均を上回る収益率)を生み出す戦略だ」とした。

 グロス氏は、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和によりドイツ国債利回りが低く抑えられ、ひいては米国債と英国債の利回りも上昇が抑制されそうな点に、最も魅力的な投資機会が潜んでいると指摘した。

 「明らかに過大評価されたこれらの資産を購入することはしないが、これら資産のボラティリティを売る。例えば0.2%前後のドイツ10年国債利回りが今後3カ月間、マイナス0.05%まで下がらず、プラス0.5%まで上がらないのなら、その方がずっと高いリターンを確保できる」とグロス氏は説明した。

 Thomson Reuters 2015 All rights reserved.

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe