忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54404]  [54403]  [54402]  [54401]  [54400]  [54399]  [54398]  [54397]  [54396]  [54395]  [54394

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スバルのモータースポーツ統括会社「STI」が本格的に北米市場を目指す

 スバルのモータースポーツ統括会社「STI」が本格的に北米市場を目指す

 

  富士重工業が、米国ニューヨークにて開催中の「2015 年ニューヨーク国際自動車ショー」において、「STI Performance Concept」を世界初公開した。この「STI Performance Concept」は、富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(通称:STI)が今後の米国での事業拡大に向けて、その主要事業内容であるスバル製スポーツモデルのパーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツ活動を表現したコンセプトカーだ。

 

  STIブランドは、1990年代のWRC(世界ラリー選手権)におけるスバル・インプレッサの活躍で日本のみならず欧州においてもモータースポーツファンを中心に認知度は高い。ただ近年、スバル車は独自の水平対向(ボクサー)エンジンとシンメトリーなAWD(All Wheel Drive)レイアウトで全天候型・快速プレミアムカーとして北米で認知されてきたが、北米ユーザーにとってスバル車とモータースポーツの関連性は希薄だ。

 

  そこで今回のコンセプトモデルは、STIのスポーツ性を知って貰うことと、STI製サスペンション、ブレーキ、内外装部品などを含めて1台のコンセプトカーとして提示することで、スバル車のSTIによるスポーティ・チューンのためのパーツビジネスとSTIコンプリートカービジネスを具現化し、米国のエンドユーザーにアピールすることが目的のようだ。

 

  また、エンジンにはスーパーGTレース用のEJ20型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載することで、そのモータースポーツ活動を表現した。

 

  富士重工業は昨年5月に、新中期経営ビジョンのキャッチフレーズ「際立とう2020」を発表した。この「際立とう2020」で指標としたのは、富士重工業の持続的成長を目指して、2020 年における富士重の姿を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」とした。その実現に向け「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」の2 つの活動に集中し、付加価値経営を更に進め、環境変化への耐性を高めることに取り組むことを宣言した。

 

  その「強い事業構造を創る」取り組みのひとつである商品戦略において、STI ブランドの活用拡大を掲げており、今回の「STI Performance Concept」出展はその端緒となる。

 

  具体的には、スバルブランドの最大市場である米国において、STI 製パーツの販売を拡大するとともに、それらを搭載したコンプリートカーの展開も行なうようだ。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe