忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[53721]  [53720]  [53719]  [53718]  [53717]  [53716]  [53715]  [53714]  [53713]  [53712]  [53711

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国内最長路線が利用率トップ ANA、2月実績

 国内最長路線が利用率トップ ANA、2月実績

 国内最長路線が利用率トップ ANA、2月実績ANA

 2015年2月の輸送実績を発表したANA © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月

 全日空(ANA)は2015年2月の輸送実績を発表しました。期間中の国際線旅客数は前年比23.7%増の58万6982人、座席利用率(ロードファクター・L/F)は同0.7%増の67.8%。

  方面別旅客輸送実績では、ホノルル線を含む北米方面の旅客数が前年比8.4%増の11万6262人で利用率は前年比1.4%減の67.8%、ヨーロッパ方面の旅客数は同17.5%増の5万1439人で利用率は同10.5%減の65.0%、アジア方面の旅客数は同29.5%増の41万9281人で利用率は同7.7%増の77.0%。

  前年同月比で最も利用率が減少したのはヨーロッパ方面、最も増加したのはアジア方面でした。最も旅客数が伸びたのはアジア方面でした。

  国内線旅客数は前年比4.5%増の292万5456人が利用し、利用率は前年同月比で1.5%上回る63.5%でした。

  期間中、国内全路線で利用率が最も高かったのはボーイング737-800型機で1日1往復運航している国内最長路線の札幌-那覇線。利用率は86.1%。次いで85.9%の関西-札幌線、81.3%の中部-那覇線、81.1%の伊丹-札幌線、81.0%札幌-神戸線となっています。

  昨年10月26日より32年ぶりに運航を再開した羽田-中部線は搭乗率68.6%、4月24日から787-8を投入する羽田-石垣線は66.9%でした。

 ■ANAグループ 2015年2月国内線利用率トップ5路線
 札幌-那覇線 86.1%
 関西-札幌線 85.9%
 中部-那覇線 81.3%
 伊丹-札幌線 81.1%
 札幌-神戸線 81.0%

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe