忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54612]  [54611]  [54610]  [54609]  [54608]  [54607]  [54606]  [54605]  [54604]  [54603]  [54602

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日産「エクストレイル」にハイブリッドモデルが登場! ~エマージェンシーブレーキを標準装備~

 日産「エクストレイル」にハイブリッドモデルが登場! ~エマージェンシーブレーキを標準装備~

 

 安心の安全装備も充実

 日産は、「エクストレイル ハイブリッド」を5月13日より発売すると発表した。本格的SUVとしてよりワイルドでタフなイメージを強化したグレード「エクストリーマーX」「ブラック エクストリーマーX」にも同様にハイブリッド車を設定した。価格は2,804,760円(消費税込)~としている。

 「エクストレイル」は、ALL MODE 4×4-iに世界初採用のシャシー制御技術を搭載して実現した走行性能の高さ、またエマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターをはじめとする、さまざまな安全装備がユーザーから好評を得ている。

 ※画像をクリックするとより多くの写真が見られるフォトギャラリーページへ移動します

 主要量販モデルへの“自動ブレーキ標準化”を2015年度秋までに完了する計画

 今回追加する「エクストレイル ハイブリッド」では、エクストレイルの高い走行性能と環境性能を両立するハイブリッドエンジンを搭載。「ハイブリッド全車免税」の達成に加え、排気量2.5リッターガソリンエンジンを超えるパワフルな加速性能や高い静粛性で、快適な走行を実現する。

 また、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」を標準装備とすることで安全性を向上させた。なお、日産は主要量販モデルへの自動ブレーキ標準化を2015年度秋までに完了する計画としている。

  

 エクストレイルハイブリッドは全車、免税措置が適用に

 日産独自のハイブリッドシステム「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」は、駆動と発電を1つのモーターで行う、高効率なハイブリッドシステム。2つあるクラッチの1つでモーターとエンジンを完全に切り離すことで、高速域でのモーター走行や高効率のエネルギー回生を可能にした。これにより20.6km/L(JC08モード)という低燃費を実現、「エクストレイル ハイブリッド」は、全車「平成32年度燃費基準+20%」を達成し、免税措置が適用される。

 さらに全グレードで、平成17年排出ガス規制値に対し、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)の排出量を75%低減し、国土交通省より「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」に認定された。

  

 2リッター「MR20DD」エンジンにより、優れた燃費性能に加えて力強い加速を実現

 ハイブリッドシステムに合わせて最適化した2リッター「MR20DD」エンジンでは、補機ベルトの廃止や低フリクションオイルシールの採用により基本性能も向上。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe