忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[52484]  [52483]  [52482]  [52481]  [52480]  [52479]  [52478]  [52477]  [52476]  [52475]  [52474

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミドル弾でゴール脅かした本田に及第点「唯一興奮させる場面を演出」

fx

 ミドル弾でゴール脅かした本田に及第点「唯一興奮させる場面を演出」

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、2月28日に行われたセリエA第25節でキエーヴォと対戦し、0-0で引き分けた。
 
  後半開始からMFリッカルド・モントリーヴォに代わり途中出場した本田は、先制点に迫る強烈なミドルシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを直撃。精彩を欠いたチームは、最後まで得点を奪えずに連勝を逃した。
 
  イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。本田には「6」の及第点を与えた。
 
  今シーズン、6ゴールを記録している本田だが、昨年10月19日にマルカントニオ・ ベンテゴーディで行われたセリエA第7節のヴェローナ戦以降、ゴールを奪うことができていない。同紙は、「最後のゴールは、ここベンテゴーディ・スタジアムで決めたもの。ピッチに立つやいなや、途切れていたゴールを再びマークしようとチャレンジし、バーを叩くシュートを放った。それ以外で見せる場面はほとんどなかったが、この夜唯一の興奮させる場面を演出した」と記した。
 
  チーム最高点は、オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングで「6.5」、最低点はFWジェレミー・メネズで「5」の採点がつけられた。なお、同試合のマン・オブ・ザ・マッチには、キエーヴォのMFフェデリコ・マッティエッロが選出されている。



関連トピックス
警視庁、警察学校で初のオープンキャンパス
[練習試合]広島は新9番ドウグラスのゴールなどで岡山に勝利
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe