忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[59273]  [59272]  [59271]  [59270]  [59269]  [59268]  [59267]  [59266]  [59265]  [59264]  [59263

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【NYオートショー2015】米Autoblog編集者が選ぶ「NYでデビューしたクルマ」ベスト5

 【NYオートショー2015】米Autoblog編集者が選ぶ「NYでデビューしたクルマ」ベスト5

 4月12日に閉幕したニューヨーク国際オートショー 2015は、先月開催されたジュネーブ・モーターショーに比べると、ややのんびりしたものに感じられた。プレスデーが2日間に延びたことに加え、各自動車メーカーはショーの開幕前に重要なニュー・モデルの公開を済ませてしまったからだ。4月1日にゲートが開く前に、我々は主だった展示の約半数を占めるリンカーン「コンチネンタル」、マクラーレン「570S」、GMC「テレーン」、ジャガー「XF」、フォルクスワーゲン「ゴルフ オールトラック」と「ザ・ビートル」のコンセプト、サイオン「iA」と「iM」、キャデラック「CT6」、ポルシェ「ボクスター スパイダー」などを見てしまった。無事にショーが終了したところで、米Autoblog編集部が今年ニューヨークでデビューしたクルマに中から選んだベスト5をご紹介しよう。
 
 第5位 ポルシェ「ボクスター スパイダー」
 
 <NOAH JOSEPHのコメント>
 余分なものを排した小型のスポーツカーは、まさにポルシェの真骨頂。ハイブリッドやクロスオーバー、ラグジュアリーなセダンのことなど、忘れよう。
 
 第4位 キャデラック「CT6」
 
 <SEYTH MIERSMAのコメント>
 キャデラックがシャープでエッジの効いたスタイリングを、フラッグシップに採用したことは驚くほどではない。だが、この大きなボディが最も見事な出来映えになったと思う。このキャデラックを運転することを考えるとワクワクする。GM最上級車の看板が「XTS」からついに交替した。
 
 第3位 マクラーレン「570S」
 
 <BRANDON TURKUSのコメント>
 最初に写真で見た時は気に入らなかったが、直接対面すると遙かに魅力的だ。価格は「650S」より大幅に安いが、見ても触れてもどこにもそれを感じさせる点はない。内外装にカーボンファイバーがふんだんに使用されており、インテリアのレザーの仕上げも素晴らしい。運転する機会が実に待ち遠しい。
 
 第2位 リンカーン「コンチネンタル・コンセプト」
 
 <JEREMY KORZENIEWSKIのコメント>
 スプリットウインググリルが好きになりかけていたところで、リンカーンは方向転換してしまった。でも、それはそれで悪くない。この「コンチネンタル コンセプト」はそのままの形で市販化するべきだ。筆者は決してパクリは好きではないが、ベントレーのデザイナーがこのクルマを「フライングスパーのコピーだ」と非難していても、この場合には悪くない。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe