忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[55043]  [55042]  [55041]  [55040]  [55039]  [55038]  [55037]  [55036]  [55035]  [55034]  [55033

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スノーボーダーから世界的グラフィックデザイナーに転身したアーロン・ドラプリンの仕事術

 スノーボーダーから世界的グラフィックデザイナーに転身したアーロン・ドラプリンの仕事術

 スノーボーダーから世界的グラフィックデザイナーに転身したアーロン・ドラプリンの仕事術

 99U:ポートランドを本拠地とするデザイナー、アーロン・ドラプリン(Aaron Draplin)氏は、これまで幅広いプロジェクトを手掛けてきました。クライアント向けに一流のロゴマークを作ったり、大好きなバンドのグッズを開発するだけでなく、年に40日以上の講演を行い、デザイナーたちを熱狂させることもあります。

 NikeやBurton、オバマ大統領といった有名クライアントとの仕事以外にも、自前のノートブランド(Field Notes)やデザイン会社(Draplin Design Company:DDC)も展開しており、ロゴデザイナーとしての仕事以外からも、同じだけの収益を上げています。

 多忙なドラプリン氏ですが、いったいどうやってそれだけの仕事をこなしているのでしょうか。普段の仕事術をはじめ、これまでのキャリア、会社員からフリーに転身したきっかけなどを聞きました。

── コンピュータの前でロゴやプレゼンテーションを作るだけではなく、たくさんの仕事をされていますよね。どのように1年を組み立てているのですか?

 ロゴ制作に関しては、ちょっとスピードを落としているところです。Field Notesは、月に2日ぐらい取り組んでいるかな。講演活動は時間がかかるけど、全米を飛び回るのは楽しいです。それに、飛行機の中でも仕事はできますからね。お酒に誘われることも多いけれど、僕はあまり飲みません。お酒は、もっと晩年のためにとっておこうかと。

 だから、出先でもホテルに戻って仕事です。普段だったら、作業場に直行ですね。自分のField Notesにはいつも、たくさんのToDoが書いてあって、それを上からひとつずつやっつけていきます。トップに「ロゴ」と書いてあれば、それをやる。できるだけ、楽しんでやるようにしています。多くの人から、いつかはスピードを緩めるのかと聞かれます。たぶんそうだとは思いますが、どうしたらそうできるのか、今の僕にはわからなくて。

 ―― プロのデザイナーになると決めた経緯を教えてください。

 僕のワイルドライフは、19歳の時にスタートしました。フルタイムでスノーボードをするため、ミシガン州を離れてオレゴン州のマウント・バチェラーにこもったんです。で、22歳の時、つまり4回目の冬に、ふと思ったんです。「これって、自分の人生にとって飛躍だったのかな?」って。

 デザインが好きで、アラスカで仕事をしたこともありました。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe