忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[52996]  [52995]  [52994]  [52993]  [52992]  [52991]  [52990]  [52989]  [52988]  [52987]  [52986

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スバル、性的マイノリティへの差別につながる米インディアナ州の新州法に反対を表明

 スバル、性的マイノリティへの差別につながる米インディアナ州の新州法に反対を表明

 3月26日、米中西部のインディアナ州でペンス州知事の署名を経て「宗教の自由法」と呼ばれる州法が成立した。『ハフィントンポスト日本版』によれば、この法律により「個人や会社が第三者の団体に訴えられたときに、防御策として「宗教上の理由」を挙げることができる」とのことだが、これが、性的マイノリティへの差別につながる恐れがあるとして、全米で物議を醸しているのだ。まずはその新法について、筆者の率直な見解を述べさせていただくと、インディアナ州で7月に施行される新州法「宗教の自由法」は、性的マイノリティを公然と非難することを容認する差別的な法律であると筆者も考えている。残念なことに、法律の文言こそ異なるが、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)を差別する州法は全米各地に存在している。同法もそれらの州法の1つとなるだろう。そんな中、富士重工業(スバル)の子会社で、北米の生産拠点になっているインディアナ州ラファイエットのスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブが、新法について非常に批判的な立場を公表し、筆者を感動させた。
 同社の広報責任者マイケル・マクヘイル氏は「各州に州法を定める権利があることは理解するが、スバルでは差別を容認するいかなる法律にも同意せず、振る舞い、行動など、いかなる形であっても差別を促す行為には賛成はしない。さらにスバル社内での差別は、インディアナ州内の施設であっても認めない」という内容の声明を発表した。
 
 マクヘイル氏はAutoblogの取材に対し、スバルがインディアナ州から生産拠点を移す予定はないと述べているが、ビジネス拠点を他の州へ移すことを検討する企業もあるようだ。州都インディアナポリスで大学生のバスケットボール大会を開催する予定の全米大学体育協会(NCAA)のマーク・エマート会長も、新法の影響を懸念し、今後の同州内での大会の開催を検討していると、米スポーツ専門チャンネル『ESPN』の番組内で語った。
 
 米紙『Washington Post』では、米アップル社の最高経営責任者(CEO)ティム・クック氏が論説を寄稿し、全米の多くの州でこのような差別を助長する法案が成立していることに警鐘を鳴らした。同氏は企業活動に悪影響を及ぼすと説明。特に、最高裁判所で同性婚が合法だと認められているにもかかわらず、同性愛者に結婚許可証を発行した事務員の年金をはく奪するテキサス州の法案を事例に取り上げ、差別が拡大する危険性を訴えた。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe