忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[56903]  [56902]  [56901]  [56900]  [56899]  [56898]  [56897]  [56896]  [56895]  [56894]  [56893

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拡大する世界の航空機需要 国内企業に活路はあるのか?

 拡大する世界の航空機需要 国内企業に活路はあるのか?

 

  川崎重工 <7012> 、三菱重工業 <7011> 、ジャムコ <7408> といった日本の航空機関連企業がボーイング787(B787)増産に伴う投資を決定または検討をしている。国産ジェット旅客機・Mitsubishi Regional Jet(MRJ)やホンダジェットも飛行開始となることから、今後も航空機需要は増加し、航空機産業の重要度は揺るぎ無いといえる。
 
  2015年3月13日、川崎重工が名古屋第一工場内にB787を増産するための工場を新設したと発表するなど、航空機製造への追加投資が相次いでいる。投資が増えている要因は何か、そしてMRJやホンダジェットなど、国産飛行機への投資は今後起こるのか、現在の動きを見ていく。
 
 ■航空機製造・航空機周辺産業への追加投資
 
  川崎重工を筆頭に、航空機周辺産業でも工場投資の動きが相次いでいる。三菱重工業は、2014年8月に複合材主翼関係の部品を製造する下関造船所と名古屋航空宇宙システム製作所大江工場の設備増強を行い、2016年からの増産を目指している。
  
  また、B787に炭素繊維を供給している東レ <3402> では、同機増産に対応するために、2014年9月に石川工場の炭素繊維加工に使う生産設備の導入を決定した。さらに同機のギャレー(厨房)やラバトリー(化粧室)を生産しているジャムコも、新潟県に増産対応の新工場建屋の建設を予定している。
 
 ■航空機需要は今後20年で約2倍に
 
  追加投資の背景には世界の航空機需要の上昇がある。日本航空機開発協会によると、2013年の時点で、世界で運航されている20席以上のジェット旅客機は19,208機であるが、20年後の2033年には1.9倍の36,796機に増加するという予測をしている。
  
  なお、B787を含む230座席~309座席の航空機については、2013年は1,808機だったが、2033年には4,561機と2.5倍に膨れ上がるという、市場全体を超える伸びが見込まれている。
  
  これは、従来採算が合わなかった成田―ボストン間などの中需要長距離路線に、低燃費の特徴を活かし導入されたことにより航空機の市場を拡大しているためで、今後も運用を開始するエアラインが増加すると見込まれる。
 
 ■部品の供給率3割が国内企業 B787の製造事情とは?
 
  B787には多くの日本企業が部材や部品を担っている。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe