忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[58820]  [58819]  [58818]  [58817]  [58816]  [58815]  [58814]  [58813]  [58812]  [58811]  [58810

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水素スタンド設置、年度末目標達成に黄信号 補助金不足の可能性も

水素スタンド設置、年度末目標達成に黄信号 補助金不足の可能性も

[東京 14日 ロイター] – 次世代自動車として期待されている燃料電池車の普及に必要な水素スタンドの建設について、政府は新たに全国32カ所での設置計画に補助金の交付を決めた。補助金による設置が確定しているのは今回の新設分を含めて計76カ所。政府は2015年度末までに100カ所に設置する目標を掲げているが、その達成にはさらに補助金が必要になる可能性が高く、関連予算の上積みなどを迫られそうだ。

政府は参入企業のスタンド設置負担を和らげるため、2013年度から補助金制度を実施しており、今回の公募分も含め、これまでに約213億円の補助金予算が計上されている。

このうち、今年度の事業への補助金総額は約96億円。スタンド建設には1カ所あたり2.9億円が上限。さらに、今回は新たにスタンド運営に伴う人件費や水道光熱費なども対象に加えた。

政府がめざす100カ所のスタンド建設には、さらに24カ所程度を設置する必要がある。しかし、関係者によると、補助金総額約96億円のうち、80億円規模の交付がすでに決まっているため、残りの予算で24カ所すべてに新たに補助金を交付するのは難しい情勢だ。  

所管する経済産業省は、補助金の予算を今後積み増すかどうかについて「今後の検討課題」としている。2次公募を実施するかどうかは未定だが、「近日中に決めたい」という。

水素スタンドは設置費用が1カ所5億円前後と高額なうえ、燃料電池車の数がまだ少なく、いつ採算が取れるかわからない。このため、事業者は補助金による支援がないと設置になかなか踏み出せない状況にある。

水素スタンド設置への支援として、東京都など一部の地方自治体でも、国の補助金交付決定などを条件に助成金を出すなどしている。

(白木真紀)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe