忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54988]  [54987]  [54986]  [54985]  [54984]  [54983]  [54982]  [54981]  [54980]  [54979]  [54978

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

環境に配慮した太陽光発電ファンドの発電所が稼働を開始、SBIグループ

 環境に配慮した太陽光発電ファンドの発電所が稼働を開始、SBIグループ

 

  SBIホールディングス <8473> のグループ会社であるSBI証券と、SBIマネープラザが組成した太陽光発電ファンド第一、二号、三号の資産の一部で、鹿児島に建設する指宿太陽光発電所の竣工式を開催した。
 
  発表によれば、指宿太陽光発電所は、鹿児島県の霧島錦江湾国立公園内に建設される予定。施工はKDDIエンジニアリングが行ったもので、2015年3月末に完工。稼働を開始した。太陽光発電ファンドの組成に加わったアール・エス・アセットマネジメントは「同施設は、自然公園法の法規制を遵守し、国立公園の景観を損ねることなく完成した数少ない太陽光発電所だ」としている。
 
  また、同太陽光発電太陽光発電ファンドは、2012年7月より開始された環境に配慮して発電された電力を定額で買い取る「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用して、売電収入を原資としている。そのため長期的に安定した投資機会を投資家に提供できたとされており、いずれのファンドも完売している。なお、3ファンドの資産合計金額は約30億円に上る。
 
  SBIグループは、「政府が推進する再生可能エネルギーの普及・拡大や社会全体の環境負荷低減に貢献し、投資家の皆さまに魅力的な投資機会を提供するべく、今後も、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー発電事業に関連したファンドを積極的に取り扱う」としたうえで、2016年3月期には100億円規模の太陽光ファンドの募集を目指すとしている。(ZUU online 編集部)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe