忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[60820]  [60819]  [60818]  [60817]  [60816]  [60815]  [60814]  [60813]  [60812]  [60811]  [60810

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

選挙カーの値段を知ってますか?

 選挙カーの値段を知ってますか?

 

 【意外に知らない素朴な疑問】選挙カーの値段

 この4月は、統一地方選が2回もあって、各所で選挙カーが活躍していたわけですが、今回は、その選挙カーを実際に取材してみました。

 今回取材協力いただいた、神奈川県議会議員のIさん。今回の選挙では、県議(県議会議員)の場合4月3日に告示、12日に投票というスケジュールになっていまして、実際に選挙活動ができる稼働日数は9日間となっていました。

 選挙が始まるとなると、多くの候補者たちは、選挙事務所を探し、さまざまな選挙用品をレンタルすることになります。事務所内で使うテーブル、イス、事務機器に、揃いのジャンパー、拡声器などもそうですね。その中でもオオモノとなるのが選挙カーで、もちろん多くの場合がレンタカーということになります。

 今回取材協力していただいた、I議員の車両もレンタカー。神奈川県内の選挙区ですが、このレンタカーは八王子ナンバーを付けていました。ずいぶんと選挙区から遠いところからやってきたようですね。このレンタカーは普通のワンボックスですからそれでも入手しやすいクルマです。大変なのは、ワンボックスでも屋根に上がることができる車両です。そうなると、レンタカー争奪戦となるわけですね。もちろん、ただ『クルマがあればいい』ということではないんです。以前の選挙で、借り主の候補が当選したことのある、『当選実績のある縁起の良いクルマ』こそが必要なのは言うまでもありませんね。

 

ずばり、約50万円から上は数百万円!

 多くの場合は、普通のレンタカーを借りてきて、そこにさまざまな選挙用の機器を装着していきます。つまりレンタカーだけでなく、車両の仕立てが別に必要となりますね。そのクルマの装備は、まさにピンキリ、ということになります。

 クルマに乗せるフレームが10~15万円。看板と照明でさらに10~15万円。また、車両のルーフにはスピーカーを載せるわけですが、そのレンタルも数十万円(スピーカーの性能により異なります)。また、アンプもスピーカーに対応したものが必要です。そして、候補者やウグイス嬢が使うマイクも複数本必要となりますが、これも松竹梅とあるようです。

 このあたりは候補者のこだわりが詰まってくることになるわけです。自らが発する声をより鮮明に多くの有権者に伝えたい、という想いが強ければ強いほどマイクやスピーカーは上級グレードになっていくわけです。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe