忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54588]  [54587]  [54586]  [54585]  [54584]  [54583]  [54582]  [54581]  [54580]  [54579]  [54578

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悔やむフンメルス「バイエルンのほうが効率的だった」

美顔器口コミ

 悔やむフンメルス「バイエルンのほうが効率的だった」

 悔やむフンメルス「バイエルンのほうが効率的だった」悔やむフンメルス「バイエルンのほうが効率的だった」
 [4.4 ブンデスリーガ第27節 ドルトムント0-1バイエルン]
 
  ブンデスリーガは4日、第27節1日目を行い、ドルトムントはホームでバイエルンと対戦し、0-1で敗れた。
 
  クラブによると、シュート数はバイエルンの7本に対して15本。ボール支配率も50%の五分で、タックル成功率は52%を記録したが、勝ち点を手にすることはできなかった。「バイエルンのほうが効率的だった。内容で劣ったわけではないし、ほとんどの人がその意見に同意してくれると思う」。DFマッツ・フンメルスはそう言って悔しさをにじませた。
 
 「バイエルンにゴールを脅かされたのも、2回ぐらいしか思い出せない。僕らのチャンスはもう少し多かったけど、不運にも0-1で負けてしまった。マルコ(ロイス)がノイアーと1対1になる決定機や、終了間際には際どいFKもあった」
 
  ドルトムントもチャンスがなかったわけではないが、後半16分の決定機はMFマルコ・ロイスがGKとの1対1で枠を捉え切れず、同43分にはロイスの直接FKがGKマヌエル・ノイアーの好セーブに阻まれ、チャンスを生かせなかった。
 
  一方のバイエルンも決定機が多かったわけではないが、前半36分、縦パスを受けたFWロベルト・レワンドフスキがフンメルスを背負いながら力強いターンで前を向き、ゴール前にスルーパスを通すと、FWトーマス・ミュラーのシュートをGKが弾いたところに詰めたレワンドフスキが頭で押し込んだ。
 
  ドルトムントのユルゲン・クロップ監督はフンメルスの対応について「いいチャレンジだったが、ああいった1対1の局面でやられてはいけない」と苦言を呈した。
 
 ▼関連リンク
 ブンデスリーガ2014-15特集



関連トピックス
新ボンドガール、レア・セドゥーが大胆ヌード披露!『グランド・セントラル』日本上陸
初先発フル出場で攻守に貢献の大宮MF大山「怖い人に追われる夢を見た」
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe