忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[60005]  [60004]  [60003]  [60002]  [60001]  [60000]  [59999]  [59998]  [59997]  [59996]  [59995

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)

 いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)

 いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)伝説のスラム街「九龍城」(クーロン城)をモチーフに作られた川崎のゲームセンター『電脳九龍城』。とにかく再現度のレベルが高くて、細部にまで徹底したこだわりが感じられます。ビル自体も錆加工している徹底ぶり。

 立ち上げから3年半にして、今や月間約70万PV、UU約20万人を誇る人気ブログメディアに成長した「東京別視点ガイド」。日本中に点在するユニークな珍スポットを紹介するコンテンツとして、マニアのみならず、幅広い層から支持を集めています。「東京別視点ガイド」の切り口は、ガイド本などには載っていない”珍スポ”(一風変わったスポット)。

 同サイトを単独で運営しているのが、編集長の松澤茂信さんです。これまで、お蔵入りした店も含めると通算800店を自ら取材。そんな「東京別視点ガイド」をベースに新たな珍スポを取材・撮影した本『死ぬまでに東京でやりたい50のこと』(青月社)も出版しました。

 珍スポという”別視点”を武器にするコンテンツの作り方について、松澤さんに3回にわたってお話を伺っています。第1回はサイトをはじめる経緯、第2回は取材してきたスポットとそのルーツについて、そして今回は「東京別視点ガイド」の今後のビジョンについて。しっかりしたコンセプトを確立し、成熟期を迎えたブログメディア「東京別視点ガイド」。新しく広がりを見せるビジネス展開についてお話いただきました。

 ── 今後、東京別視点ガイドとして取り組みたいビジョンはありますか?

 松澤:今年は海外に出ようと思っています。5月ぐらいから半年がかりで、台湾、中国、ベトナムなど、マレー半島や東南アジアから入って、インドに渡り、「海外版別視点ガイド」をつくろうと思っています。

 ── ほぼアジアを網羅する感じですね。なぜ海外進出しようと思ったんですか?

 松澤:日本一周して思ったんですけど、日本の珍スポットの独特な「偏り値」みたいなものが何となく見えてきたんです。世界に出たら、もっと振り幅が広いスポットがあるだろうなと思ったことが大きいですね。やはり、変わったところを突き詰めていくと、どうしても世界に出ないと嘘になるなと思ったんです。それもあって、ついに海外に出てみようと決意しました。

今後は海外へ進出して、旅行代理店もつくる(かもしれない)いま欲しいライターは、得意分野のセグメントができる人:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(3)東京別視点ガイド 編集長 松澤茂信さん

 ── 東南アジア以外の海外進出については?

 松澤:今年は東南アジアですけど、来年は別のエリアというふうに、毎年どこか海外取材をしていけたらと考えています。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe