忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[57325]  [57324]  [57323]  [57322]  [57321]  [57320]  [57319]  [57318]  [57317]  [57316]  [57315

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイパワー化されたアウディA7、S7、RS7 Sportbackが登場

 ハイパワー化されたアウディA7、S7、RS7 Sportbackが登場

 

 高級車らしいエレガントなスタイルを保ちつつ、4ドアという実用性を兼ね備えた4ドアクーペ。近年ではメルセデス・ベンツのCLSがそのブームの火付け役になり、ひとつのマーケットを形成しています。

 アウディA7もその一台で、4月21日にマイナーチェンジモデルが登場します。

 外観では、アウディの特徴であるシングルフレームグリルがA8同様、6つの角がより強調された彫刻的なデザインになり、バンパーやボンネットも変更。

 注目はA8に搭載されているマトリクス LEDヘッドライトの採用で、ロービーム用のLEDと19個の小さなLEDのハイビームユニットから構成されていて、ハイビーム時にカメラでセンシングを行い、必要に応じてLEDを個別に点灯・消灯することで対向車や先行車を眩惑することなく、正確に路面を照射することが可能になっています。

 エンジンは、スーパーチャージャー付のV6 3.0 TFSIが従来型よりも23ps向上し、333psへと出力をアップ。

 さらに、新たに直4 2.0TFSIエンジン搭載車が8月に設定される予定で、両者ともに7速Sトロニックとquattroフルタイム4WDシステムの組み合わせになります。

 SモデルのAudi S7 Sportbackに搭載されるツインターボ付きV8 4.0L TFSIエンジンは、30psのパワーアップが図られ450psを発生。こちらもアウディ版のDSGである7速Sトロニックとの組み合わせ。

 さらにシリーズの頂点に位置するRSモデルのAudi RS 7 Sportbackに搭載されるV8 4.0L TFSIツインターボエンジンは、412kW(560hp)を誇り、多段化により燃費向上に寄与する8速ティプトロニックトランスミッションが組み合わされます。

 なお、これらのV8エンジンには気筒休止システムであるシリンダーオンデマンド(COD)を採用。

 価格はA7 Sportback2.0 TFSI quattroが716万円、A7 Sportback 3.0 TFSI quattroが924万円、S7 Sportbackが1344万円、RS 7 Sportbackが1772万円です。

 (塚田勝弘)

 画像付き元記事はこちら:ハイパワー化されたアウディA7、S7、RS7 Sportbackが登場(http://clicccar.com/2015/04/13/302536/)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe