忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[57320]  [57319]  [57318]  [57317]  [57316]  [57315]  [57314]  [57313]  [57312]  [57311]  [57310

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[注目トピックス 経済総合]福建省の化学工場爆発事故、収束宣言も住民から不安の声

 [注目トピックス 経済総合]福建省の化学工場爆発事故、収束宣言も住民から不安の声

 *08:35JST 福建省の化学工場爆発事故、収束宣言も住民から不安の声
 福建省ショウ州市の古雷港経済開発区内にあるパラキシレン(PX)プラントの爆発・火災事故で、発がん性物質を含む有毒ガスが周囲に拡散したことを受けて、地元住民の間では不安の声が高まっている。
 6日に発生した化学火災は鎮火と再出火を繰り返し、発生から4日経過した10日未明にようやく収束したとされる。地元のショウ浦県政府は同日付で、避難住民に対して安全宣言を出し、帰宅を促した。ところが帰宅した住民からは、古雷鎮全域で依然として刺激臭が漂っているとの報告が相次いでいる。なかには嘔吐や眩暈(めまい)などの症状を訴える人も出ているという。このため、政府が用意した旅館などの避難場所に引き続きとどまる人や、いったん帰宅したものの、再び戻ってくる人が続出している。これに対し、同政府が「今後の宿泊費用は一切負担しない」と厳命したため、その対応を巡って、住民との対立が深まっている。複数の中国メディアが10日付で報じたもの。
 こうしたなか、住民からは当局の安全宣言についても、「時事尚早」として信頼性を疑問視する声が出ている。また今後の事故調査報告に関しても、事故調査委員会が内部調査にとどめ、単純な化学物質漏れ事故として処理し、地元住民には真相を公表しないのではないかとの懸念が広がっている。
 当局は事故発生後、古雷鎮の全住民に対し、半径5キロ圏外への退避命令を出した。住民1万4000人が工場から18キロメートル離れた地点まで避難したとの情報もある。
 事故の経過を辿ってみると、今月6日午後18時56分(現地時間、以下同)、PXプラントから化学物質が漏れ出して火災が発生し、敷地内の中間貯蔵タンク区にある備蓄用タンク3件(607、608、610)に引火・爆発した。事故当時、607タンクには可燃性化学物質が2000立方メートル、608タンクには重質ナフサが6000立方メートル、610タンクには軽重改質液が4000立方メートルそれぞれ備蓄されていたとされる。
 7日午前9時ごろに607タンクと608タンクが鎮火し、610タンクも午後4時40分までに消し止められた。ところが610タンクで同日午後7時45分に再び出火し、同午後11時40分に鎮火した。8日午前2時9分に今度は607タンクが再出火。608、610タンクから漏れ出した重質ナフサ、軽重改質液が607タンク内の残留物と混ざり、自然発火したとみられている。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe