忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[56629]  [56628]  [56627]  [56626]  [56625]  [56624]  [56623]  [56622]  [56621]  [56620]  [56619

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホンダ「S660」投入が戦略上重要なワケ!

 ホンダ「S660」投入が戦略上重要なワケ!

 

 ■出足好調なS660
 
  ホンダ <7267> が軽スポーツカーS660の販売を4月2日に開始した。
 
  4月からの軽自動車増税で、販売落ち込みが懸念されている軽自動車だが、S660は当初の月間販売予定の800台を大幅に上回る3,000台をすでに受注し、納車は3ケ月待ちだという。軽自動車としては198万~238万円(税込)と高価格帯に属する車だ。2シーターのスポーツカーで、すでに市場で人気のダイハツのコペンと同様、セカンドカーとして楽しむ事が前提として設計されている。そのため、購買層は中高年がターゲットだ。
 
 ■スポーツカーがエコ仕様で再燃
 
  近年の環境意識の高まりから、自動車各社はハイブリッド、電気自動車など低燃費で環境にやさしい自動車の開発、販売へと一斉にシフトした。そのため、スポーツカーなど趣味性の高い運転を楽しむ車は相次いで生産が中止されてしまった。しかし、徐々にその路線は転換されつつある。その切り札になっているのがターボチャージャーの改善だ。従来のスポーツカーに比べて低燃費で、それでいてパワー向上が実現したのだ。このS660も新型のターボチャージャーが搭載されている。従来のターボチャージャーに比べ、ターボラグを抑え、ボディの軽量化に成功している。
 
  スポーツカーと呼ばれるジャンルは今年、ホンダがS660を皮切りに、夏にはNS-Xを復活販売する予定で、マツダが6月にロードスター、来年にはRX-7を復活する予定となっている。ロードスターは先日始まった先行商談で、国内初回割り当て分2,000台がほぼ完売したと報道された。
 
  このような趣味性の高い車は、業績に大きく寄与する事は考えにくいが、自動車離れが顕著な若者層の購買意欲を誘発させる原動力になり、また経済的にゆとりがあり、趣味にお金をかけられる中高年層へのアプローチにもなる。「軽とワンボックス、ハイブリッド車では夢がない」とされる昨今の自動車業界の風潮を変えられるかどうか、今年は大きなターニングポイントに来ているといえるかもしれない。
 
 ■新型ステップワゴンにも注目
 
  今回のS660同様、ホンダにはもうひとつ、注目を集める車がある。4月24日から販売開始となる新型ステップワゴンだ。この車にも新しいターボチャージャーが搭載される。そして注目されている理由が排気量が従来の2,000ccから 1,500ccになる点だ。そのため、自動車税が5,000円ほど安くなるとされる。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe