忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[55144]  [55143]  [55142]  [55141]  [55140]  [55139]  [55138]  [55137]  [55136]  [55135]  [55134

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 

 小粋なハッチバック「206」の大ヒットで一世を風靡したプジョー。

 「206」から「207」を経た現行モデルの「208」では、伝統のしなやかさにビシッとした乗り味がブレンドされた「進化した猫足」が味わえる。

 そんな「208」に、目立ち度バツグンの限定車が登場する。
 

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 80年代のモータースポーツを席巻した「205GTi」の誕生から30年、そのDNAを引き継いだ「208GTi」のスペシャルモデル「プジョー 208 GTi 30th Anniversary」が登場する。
 

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 まず目を奪われるのは、斬新すぎるカラーリングだろう。「クープ・フランシュ」と呼ばれる2トーンカラー仕様は、マットブラックとソリッドレッドをボディを斜めにスパッと切ったように配し、いわゆる「ニコイチ風」の目立ち度200%のスタイルを獲得している。
 

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 他のクルマから見ると、ルームミラーに映った姿はシックなマットブラックなのに、抜き去られた後のバックショットは情熱的なソリッドレッドとなるため、プジョーだけに「猫だまし」的な驚きがあるかもしれない。ちょっと意味合いは違うけれど。

 この印象的な2トーンカラーは、昨年の北京モーターショーで展示されたコンセプトカー「EXALT(エグザルト)」譲り。ボディカラーは他に「サテン・ホワイト」も選べる。
 

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 左ハンドル+6速MTのコクピットは、レッド×ブラックの正統派カラーでスポーツ心を盛り上げる。プジョー・スポールのロゴ入りバケットシートやシリアルナンバープレートなども専用で備わる。
 

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

 搭載する1.6リッター直噴ターボは、ベース車から8ps/25Nm増しの最高出力208ps/最大トルク300Nmを発生。専用チューンのショックアブソーバーやトルセンLSDなどが、スポーティな走りを陰から支える。

 価格はボディカラーで異なり、「クープ・フランシュ」が388万円、「サテン・ホワイト」が358万円。発売は5月1日(金)。50台限定の早い者勝ちだ。

 (zlatan)

 写真:プジョー・シトロエン・ジャポン

前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場前と後ろでクルマが違う!? プジョーから斬新過ぎる「208GTi」が登場

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe