忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54219]  [54218]  [54217]  [54216]  [54215]  [54214]  [54213]  [54212]  [54211]  [54210]  [54209

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

注目の積立型投資「バリュー平均法」 運用を始める前に確認したい注意点とは-

 注目の積立型投資「バリュー平均法」 運用を始める前に確認したい注意点とは-

 

  積立型の投資方法として、昨今「バリュー平均法」が注目を集めている。「バリュー平均法」とは、あらかじめ運用の目標金額を設定し、目標よりも上回っていれば資産を一部売却し、下回っていれば追加購入する投資方法である。
 
  積立型の運用方法として、定期的に一定金額ずつ買い続ける「ドルコスト平均法」が有名だが、今回ご紹介している手法は商品の買付平均単価をより下げる効果があると投資家の関心を集めている。
 
  しかし注意したい点もある。例えば自分で買付時期や売却時期を決定する場合に比べ、相場の状況によっては、大きなリターンを逃す、またはより大きな損失を被る可能性があるのだ。運用を始める前に、さらに踏み込んで具体的にどのような投資方法で、どんな注意点があるかをしっかり確認しておこう。
 
 ■「バリュー平均法」の仕組み
 
  まず株式など価格が変化する同一商品について、今後定期的に積み立てていきたい目標金額(バリューパス)を決定するのだが、自分が将来得られると予想している収益率、つまり「期待リターン」と一致するように設定を行う。
 
  そして定期的な見直し時期には、投資した商品の評価額が目標金額よりも低ければ割安だと判断し追加購入。逆に評価額が目標金額よりも高い場合は、割高のため少なく購入する、または資産の一部を売却する。このように資産評価額が目標金額になるよう、投資額を調整しながら積み立てていく。
 
  それでは株価が変動する状況において、4ヶ月間毎月1万円ずつ増やす目標設定をした場合の具体例を見てみよう。
 
 株価:1月1,000円、2月700円、3月1,250円、4月1,500円、5月1,400円
 
 <バリュー平均法>
 1月、10株購入
 10,000円÷1,000円 <保有株式数10株>
 目標の1万円を達成するために10株購入。
 
 2月、19株購入
 (20,000円-10株×700円)÷700円
 
 <保有株式数29株>
 1月末の保有株式数10株に2月株価700円をかけて保有資産額を計算。2月の目標2万円にするために、2月株価700円で19株を追加購入。
 
 3月5株売却 (30,000円-29株×1,250円)÷1,250円
 
 <保有株式数24株>
 2月末の保有株式数29株に3月株価1,250円をかけて保有資産額を計算。3月の目標3万円をすでに達成しているため、超過分6,250円分を3月株価1,250円(5株)で売却。…

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe