忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54942]  [54941]  [54940]  [54939]  [54938]  [54937]  [54936]  [54935]  [54934]  [54933]  [54932

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新型アルファード/ヴェルファイアは、デザインも機能も予算に合わせてお好み次第!

 新型アルファード/ヴェルファイアは、デザインも機能も予算に合わせてお好み次第!

 

 いやはや、物凄い勢いです。新型アルファード/ヴェルファイアが、なんと発売から約1ヶ月で4万2千台を受注しました。日本車では最大クラスの高額乗用車でありながら、まるで軽自動車やコンパクトカーのような売れっ振りで、快進撃を続けています。

 実際、2列目キャプテンシートの贅沢なおもてなし空間を堪能すると、「これならサイフの紐の固い奥方も、購入オーケーしちゃうだろうなぁ」と実感します。新型アルファード/ヴェルファイアは、理屈抜きで消費者を魅了する商品力を備えているのです。

 ■至れり尽くせりのおもてなし贅沢空間

 ステップを踏んで運転シートに乗り込むと、威風堂々たるインパネが迎えてくれます。金属削り出しのようなセンターデザインやオプティトロンメーターが重厚感と上質感を演出。メーカーオプションの大型9.2インチナビも迫力満点。運転席からの見晴らしの良さも、ドライブの満足度を高めてくれます。

 注目は、7人乗り仕様の2列目キャプテンシート。自動スライドドアを開けると、日常生活の中でも、最も上質な座り心地(オットマン標準)と贅沢なおもてなし空間が迎えてくれます。跳ね上げ式の3列目シートも充分なサイズをキープ。床下収納スペースもミニトランクほどの容量を確保しています。

 ■デザインも機能も、予算に合わせてお好み次第

 新型アルファード/ヴェルファイアは、装備と価格は同じ設定となっており、価格帯は約320万~約704万円。パワーユニットの価格差を比べると、FFの直4・2.5Lに対し、FFのV6・3.5Lは実質約40万高。また2.5Lの4WDに対し、ハイブリッド4WDが約60万円高。両エンジンは、FFの約20~25万円高で4WDが設定されています。

 装備はベースグレードでも必要充分。中間グレードは、各種の電動調整機能や後席サンシェードを追加。更に上級グレードは、エアロや18インチアルミが装備されます。V6とハイブリッドのVIP用グレード「エグゼクティブラウンジ」は、上質豪華を極めた本皮エグゼクティブセカンドシートやナビ連動の運転支援機能が自慢です。

 (拓波幸としひろ)

 画像付き元記事はこちら:新型アルファード/ヴェルファイアは、デザインも機能も予算に合わせてお好み次第!(http://clicccar.com/2015/04/10/301164/)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe