忍者ブログ

仕事で役立つ人気ビジネスアプリおすすめ!

ビジネスマン必見!おすすめのビジネス管理ツールアプリを、独自のランキングと口コミでピックアップ!縦横無尽に使いこなせば、仕事の効率アップ間違いなし!
[54320]  [54319]  [54318]  [54317]  [54316]  [54315]  [54314]  [54313]  [54312]  [54311]  [54310

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日産デザインの最新形!スポーツカー・セダンを謳う新型マキシマが登場

 日産デザインの最新形!スポーツカー・セダンを謳う新型マキシマが登場

 

 FFのマキシマが日産ティアナと同じプラットフォームで新型に移行しました。日本でもブルーバード・マキシマの車名で売られていましたが、現在は北米など海外向けのネーミングになっています。

 ニューヨーク・オートショーで披露された新型マキシマは、昨年の北米国際自動車ショーで披露された斬新な「スポーツセダンコンセプト」の生産モデル。

 同コンセプトカーで提案された新しい基本設計概念に基づき、ミドルサイズ・セダンとしては画期的と謳う、ワイド&ローによるスポーティなプロポーションが自慢。

 外観はグラマラスでありながら、ディテールは彫刻的なデザインが印象的ですが、目を引くのがVモーショングリルやブーメランシェイプのランプ、フローティングルーフなどで、日産の新しいデザイン言語で表現されています。

 インテリアでは、ダッシュボードおよびコンソールのレイアウト、ドライバー側に振られたコンソール上の「ディスプレーコマンダー」が特徴で、素材や仕上げにこだわり、セグメントに相応しい質感を追求。

 エンジンは3.5LのV6で、前型モデルに対して約6割の部品を新たに採用し、15%の燃費向上を実現しています。

 ボディも注目点で、日産ブランドのセダン初となる1.2GPa級高成形性超ハイテン材の採用により乗り心地やハンドリングも向上しているとのことで、前モデルに対して、ねじれ剛性を25%改善し、82ポンド(約37kg)の軽量化を達成しています。

 (塚田勝弘)

 画像付き元記事はこちら:日産デザインの最新形!スポーツカー・セダンを謳う新型マキシマが登場(http://clicccar.com/2015/04/05/301710/)

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HN:
上原健二
性別:
非公開
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe